日々の積み重ねが必要だからこそ

ITに特化した授業を受けているIT技術者は、今日一日の授業内容を完璧に自分のものにしていこうとする意気込みを抱いていることでしょう。
日々の授業を通して、IT社会を先導する有能な人材としての自覚が芽生えていき、IT社会を価値あるものにしていくための尽力を欠かさずに継続していこうとする向上心があることで、自分はIT社会に無くてはならない貴重な人材であるといった自信を抱くようになるのではないかと思うのです。

その自信を持つ過程として考えられるのは、自分は誰にも負けないチャレンジ精神が旺盛な闘志の塊であるといった攻撃性の溢れる人であることが考えられて、そうした人が居てこそ、周りの人達が安心してその人に全てを任せられるという安心感を抱くことにつながると思うのです。

ITに関わる新たな知識を習得していこうとするときに、ITの授業がうってつけだと思っているエンジニアは多いことでしょう。その授業を通して今あるITの知識を上乗せしていくことで、新たな知識との相乗効果により多くの人から頼られるエンジニアとして進化できる喜びを感じていくのではないでしょうか。

組織から有能なエンジニアとしての名声を高めていくことが一人のエンジニアとしての自尊心を高めていき、その自尊心を原動力としたITの力を駆使していこうとするライオンのような攻撃性が培われていくと考えられるのです。
人によっては、「俺が狙った獲物は俺の血となり骨となる。だからITの授業が俺に宿るライオンとしての攻撃力を引き出す拠り所としてあり続けるべきなんだ」と思っても不思議ではないと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です